巨人・原監督も約束、球児救済トライアウト「どうか、自分を高める材料に」

 巨人・原辰徳監督(61)が21日、夏の甲子園の中止決定を受けてコメントを発表。「救済トライアウト」の実現を約束した。プロ野球側は、今秋にプロ志望届を提出した高校生を対象として合宿形式のトライアウトを検討中。高校時代は東海大相模高のスターとして甲子園を沸かせた指揮官は、球児救済と球界発展のためにバックアップを惜しまない。

 球児を救いたい-。原監督が決意を口にした。この日、悲嘆にくれる高校生に対し、プロ野球を代表して力強いメッセージを発信した。

 「何か披露する場所というか。プロ野球にはトライアウトというルールがあるんですけれども、金の卵を何とか発掘しようという。そういう場所を作るということは、高校生には強く約束をしたいと思っております」

 前日20日に戦後初となる夏の甲子園中止が決定。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためとはいえ、夢舞台を目標にしてきた全国の球児にはあまりにも悲しいニュースだった。特にプロ入りを目指す3年生はアピールの場も消滅。そこでプロ側が考えたのが「救済トライアウト」だった(5月21日付本紙)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ