大里桃子 「アームローテーション」でボールをしっかりつかまえる

 【勝者のワザ】

 親友の渋野日向子とともに2度目のプロテスト挑戦で合格した大里桃子は、同年のCATレディスで早々と初優勝を果たした。170センチの長身から繰り出すロングショットと正確なウエッジショットを武器にしている。

 フルスイングでは、長い腕を利してのアームローテーションでヘッドスピードを上げて飛ばし、コントロール重視のショットでは、フェースローテーションを抑えて正確にターゲットにボールを打ち出す。二つの打ち方を巧みに使い分ける技術を備えている。

 アマチュアゴルファーの中には、大里のようなアームローテーションができずに、クラブヘッドを力尽くでボールに当てにいってしまうタイプがいる。力を入れているのに飛ばない。当たるけどスライスしてしまう。そんな人は、アームローテーションを身につけよう。

 習得方法は、けっして難しいことではない。連続水平素振りこそ最適エクササイズである。

 両足を肩幅程度に広げて(それより狭くてもよい)直立姿勢をとる。クラブはグリップエンドが鳩尾を指すあたりの高さにして、シャフトを地面とほぼ水平になるように構える。この状態からクラブが水平に動くように素振りをする。振り切ったら、そのまま反対側に切り返し、また振り出す。連続で10往復ぐらいさせるといい。

 このとき、左右のグリップをわずかに離すスプリットハンドにすると、よりアームローテーションの感覚を強く身体に覚えさせる。バックスイングでは左腕を(自分から見て)時計回りに穏やかに捻りながら。ダウンスイングでは反時計回りに捻り戻しながら。この連続素振りで左右のヒジのたたみ方も覚えられる。 アームローテーションを身につけるエクササイズに続いてフェースローテーションを抑える動きも覚えてしまおう。

 こちらはクラブが地面と水平に、そして身体と平行になるように倒してグリップする。そこから、これが大事なポイントなのだが、左手を手の平側に曲げ(掌屈)、右手を甲側に曲げて(背屈)構えは完了する。

 この格好でボディー部のターンでクラブを水平に振ると、腕はターンすることなく、手首の角度も、フェース向きもキープされたままフォローサイドに移動する。さらに、フォローサイドでは自分で腕、クラブの動きを止めるようにしてから反対方向に切り返し、連続素振りとするとよい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ