池江璃花子選手が短髪姿を披露「ありのままの自分見て」

 白血病と闘う競泳女子の池江璃花子選手(19)=ルネサンス=は18日、写真共有アプリ「インスタグラム」などで「みなさんに初めてこの姿をお見せします」とコメントして短髪姿を披露した。昨年2月に病気が判明した後、抗がん剤の影響で髪が抜けていた時期があった。

 新たにスポンサー契約を結んだプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)のスキンケアブランド「SK-II」との協力による企画で、池江選手は「今のありのままの自分を見てもらいたいという私の気持ちを、SK-IIは大事にしてくれました」とつづった。

 新型コロナウイルスについては「現在、世界中が不安で辛い日々を送っています。このメッセージが、アスリートの仲間にとっても、また同じように苦難と戦っている誰かにとっても、小さな希望になればうれしいです」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ