ラグビー日本代表、今夏のテストマッチ3戦中止

 日本ラグビー協会は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今夏に国内で予定されていた日本代表のテストマッチを中止にすることを発表した。

 中止となったのは、6月27日のウェールズ戦(静岡・エコパスタジアム)、7月4日、11日のイングランド戦(大分・昭和電工ドーム大分、兵庫・ノエビアスタジアム神戸)の3試合。

 日本協会は、「ワールドラグビー、ウェールズ協会、イングランド協会とも協議を重ねた結果、試合に向けた万全な準備と安全な運営が担保できないことから、予定されていた日程での試合の開催中止を決定いたしました」と説明。新たな日程での開催に向けては、「各国の状況を踏まえ、またワールドラグビーによる『ラグビー活動の再開に関するガイドライン』に準じ、引き続き関係当事者間で検討を続けてまいります」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ