村田諒太、Now Voiceで「日本の子供たちへ」メッセージ/BOX

 サッカー元日本代表MF本田圭佑(33)=ボタフォゴ=が29日、スマートフォンなどを通じた音声コンテンツの定額制配信サービス「Now Voice」(ナウボイス)を始めた。

 プロボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太(34)=帝拳、男子テニスの錦織圭(30)=日清食品、米大リーグのダルビッシュ有投手(33)=カブス、白血病と闘う競泳の池江璃花子(19)=ルネサンス=らトップ選手16人が最初のメンバーとして参加。新型コロナウイルスの影響から家で過ごしている人たちに声でメッセージを届ける。

 初回投稿のテーマは「日本の子供たちへ」。村田は「僕はオリンピックで金メダルをとって、世界チャンピオンになりましたが、実は僕自身ボクシングの才能というのはあまりありません」と告白した。

 それでも成功してきた理由を「続けてきたから」と話し、「僕より才能があるやつはいっぱいいました。だけどそいつらは続けられなかった。続けられない人間はチャンピオンにも、金メダリストにもなることができません。どんな状況でも逃げ出さない。続けること。これが大事だと思います」とさまざまなことを継続することの重要性を伝えた。

 「皆さん夢があるなら続けましょう。諦めてはいけません。困難な状況ですが、一緒に頑張りましょう」と子供たちを激励した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ