渋野日向子流「トップの作り方」 下半身を先行させる

 【勝者のワザ】

 トップスイングは、どこにクラブを収めればいいのか。切り返しは、どこから動かせばいいのか。そして、そのタイミングは…。

 そんなことに悩み、答えを見つけられないでいるアマチュアは、渋野のスイングを参考にするといい。

 実は、トップの位置は、意識していない。どこかに収めようとするのではなく、テークバック、バックスイングの動きによって、勝手に作られる。それがシブコ流である。

 では、どんなテークバック、バックスイングをすれば、トップが勝手に決まるようになるのか。渋野のテークバックは、右股関節を右カカト側に引くことから始まる。下半身の動きを先行させ、その動きに腕が引っ張られる。ここでは、自分で腕、クラブを動かすことはない。

 下半身を先行させることで、腕は脱力状態で動き出す。そして、動き出したら、そこからは、素早く振り出せる。コッキングは、その勢いで自然にできる。アドレスで両ヒジを内側に絞っておくことで、左脇は締まっている。そのため、腕が勝手な方向に動き出すことはなく、意識しなくともクラブは一定の方向に動く。

 ここまでの動きは、ペットボトルをボールにセットしたクラブヘッドの後方に置き、そのペットボトルを飛球線と反対側に勢いよく飛ばし、そのままトップスイングに移行するつもりでやってみるとコツをつかめるだろう。

 さてトップスイングである。コッキングが完了したところがトップで、そこまでのスピードが速いほど、クラブヘッドは倒れこもうとするから右手はヒンジ(甲側に折れる)、左手は掌屈(手の平側に折れる)という格好になる。

 そこからは、また下半身が先行して、上半身、腕、クラブをアドレス位置に引っ張ろうとする。この切り返しで、シャフトがしなり、その先のインパクトに向かってしなり戻そうとする。

 スイングでは、反動や、シャフトのしなりをいかにタイミングよく活用するかが問われているといってもいい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ