渋野日向子、リモート出演でスマイル!東京五輪延期に「やるべき事は変わらない」

 女子ゴルフの渋野日向子(21)=サントリー=が19日、日本テレビ系「KKT杯バンテリンレディスオープン 特別版」(後3・0)に地元・岡山からリモート出演。ゴルフファンに久しぶりの“しぶこスマイル”を届けた。

 岡山・長船カントリークラブから出演した渋野は「小学生の時からずっと回ってきたところなので、帰ってきたらやっぱり落ち着きますね」と笑顔。熊本県民テレビの上野聡行アナウンサーから「今だからできること」を尋ねられると「最近、ワンちゃんを飼いだしまして、ワンちゃんと戯れてます。いま2カ月で、まだシバイヌくらいの大きさ」と明かした。

 大会ホステスプロとして出場予定だった同大会など、国内ツアーは新型コロナウイルスの感染拡大により開幕から5月末の大会まで13週連続で中止が決まっているが「開幕がいつになるかわからない状況で、私たちだったり、日本中、世界中のみんなが今はやるべきことをやって、開幕したときには私たちが笑顔を届けられるように頑張っていけたらなと思います」とファンに約束。

 また、出場を目指していた東京五輪が来夏に延期されたことについては「正直びっくりはしたんですけど、やるべきことは変わらない」と述べ、「来年(開催)って決まっているので、それまで試合も1試合1試合大事に頑張って東京五輪も出れるように頑張りたいと思います」と決意表明した。

 この日は同大会の開催地、熊本県出身の上田桃子(33)=フリー、ホステスプロで同県出身の有村智恵(32)=日本HP=とともにリモート出演した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ