羽生結弦の願い「無理をなさらず、周りにいる方々を信じて、頼ってください」/フィギュア

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(25)=ANA=が17日、日本オリンピック委員会(JOC)の公式ツイッターを通じ、新型コロナウイルスの感染拡大で混乱する世界に向けて激励のメッセージを動画で発信した。東日本大震災で被害に遭った仙台市で育った世界的アスリートが、感染者や医療従事者にエールを届けた。

 その一言が、沈む世の中の灯火となった。どのアスリートよりも発信力がある羽生が、日本に、世界に語り掛けた。

 「真っ暗闇なトンネルの中で希望の光を見いだすことは、とても難しいと思います。でも、3・11の時の夜空のように、真っ暗だからこそ見える光があると信じています」

 東日本大震災が起きた2011年3月11日、仙台市のホームリンクにいた。激しい揺れで氷はひび割れ、周囲の壁ははがれ落ちた。スケート靴をはいたまま外に逃げ出すしかなかった。市内の自宅は全壊。避難所では家族4人で肩を寄せ合って4日間過ごした。

 人一倍痛みを知るからこそ、感染者の気持ちが分かる。「苦しみながらも闘病されているみなさま、本当に苦しいと思いますし、想像を絶する恐怖とも闘っていらっしゃると思います」。自らは被災後、練習場所を求めて全国のアイスショーに出演。60にも及ぶ公演の銀盤に立つ中で、次第に滑る希望を見いだした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ