吉川なよ子、しぶこに金言「自分を高める時間に」 ツアー29勝殿堂入りレジェンド

 レジェンドから金言-。女子ゴルフでツアー通算29勝の吉川なよ子(71)=日本ブラインドゴルフ振興協会=が15日、滋賀・皇子山CCで行われたチャリティーコンペ「皇子山FUTURE CUP」に参加。新型コロナウイルス感染拡大の影響で今季ツアー開幕が遅れているなか、渋野日向子(21)=サントリー=ら若手に向けて、試合がない時間を有効活用するべきとアドバイスを送った。

 「ゴルフ以外で自分を高めるため、本を読んだり、いろんな知識を身につけてほしい」

 自身は1988年に賞金女王に輝くなど、約30年間にわたってレギュラーツアーで活躍したが「ゴルフだけしかやってこなかったので惜しいことをした。習字とかやっておけばよかった」と後悔。第一線を退いてから、ゴルフ以外の知識を得る大切さを痛感したという。

 8年目を迎えたチャリティーコンペには吉川らプロ13人とアマ27人の40人が参加。寄付金など41万円が地元の児童養護施設に贈られた。表彰式と懇親会は行わず、参加者の検温やアルコール消毒を徹底。例年より組数を減らすなど、コロナ感染リスクを避ける形で開催された。(白石大地)

 ◆吉川 なよ子(よしかわ・なよこ)

 1949(昭和24)年2月18日生まれ、71歳。札幌市出身。19歳で滋賀・皇子山CCにキャディーとして就職。72年、23歳でプロテスト合格。79年、日本女子プロ東西対抗で初優勝。88年、年間5勝で賞金女王。日本女子オープン優勝2度などレギュラーツアー通算29勝。レジェンズツアー(45歳以上)通算2勝。2018年、日本プロゴルフ殿堂入り。159センチ、56キロ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ