五輪1年延期、日本選手には“追い風” 桃田賢斗、全快で「金メダル」候補筆頭! 池江璃花子は奇跡の復活も

 東京五輪の1年延期は日本選手団にとって大きな追い風だ。国際オリンピック委員会(IOC)トーマス・バッハ会長(66)と安倍晋三首相(65)が24日、緊急電話会談を行い、7月24日に開幕予定だった東京五輪は、新型コロナウイルスの感染拡大のため、1年程度延期することを同意。IOCがその後開いた理事会で正式承認した。日本選手団は金メダル30個獲得を目標としていたが、予定通り開催された場合、水泳、陸上、体操など有力競技の惨敗が確実視されていた。しかし1年延期で、有力競技やサッカー男女代表は息を吹き返すことができる。白血病で断念した競泳・池江璃花子(19)の奇跡の復活も夢ではなくなった。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 東京五輪中止という最悪のシナリオは避けられた。バッハ会長とのトップ会談を終えた安倍首相は「東京五輪の中止はない、21年夏までをめどに開催することで同意した」と発表。日本側からの提案だった。

 これで東京五輪は必ず開催される。延期には課題も多いが、とらえ方によってはコロナ問題に苦しみ抜いている中、明るいニュースともいえる。日本オリンピック委員会(JOC)も、延期という方向性が決まったことで次のステップを踏み出すことができる。

 2月にJOCの山下泰裕会長は「東京大会での金メダルは30個を目標にする」と壮大な目標を掲げた。日本選手団が夏の五輪で獲得した金メダルの最多は、前回の東京大会(1964年)とアテネ大会(2004年)の16個。過去最多の2倍近くに当たる30個の金メダルという目標は、あまりに大風呂敷すぎるという声が圧倒的だった。

 日本が夏の五輪で金メダルを獲得したことがある競技の80%以上が柔道・レスリング・体操・競泳。この4競技こそが日本の「お家芸」。ところが、最近はほとんどの種目が世界ではなかなか勝てない大不振にあえいでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ