「準備の時間できた」「必要な試練」…五輪・パラリンピック延期、関西スポーツ界の影響

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、今夏に開催予定だった東京五輪・パラリンピックを1年程度延期することが24日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と安倍晋三首相の電話会談で決まった。開催時期について、安倍首相は「年内(開催)は難しいだろうということで1年程度にした。その上で、遅くとも2021年夏まで」と説明したが、具体的にいつになるかは未定。同年には5月に生涯スポーツの祭典「ワールドマスターズゲームズ2021関西」(WMG関西)、9月には「神戸2021世界パラ陸上競技選手権大会」(世界パラ陸上)が予定されている。関西のスポーツ界への影響をまとめた。

 ■開催時期にやきもき

 「情報収集し、関係団体とどうしたらいいのかを協議している。われわれとしては、通常開催できるように準備を進めたい」。五輪・パラリンピックの延期決定から一夜明けた25日、WMG関西組織委員会の広報担当者はそう強調した。

 WMGは1985年にカナダ・トロントで第1回大会が開かれ、アジア初開催の今回が10回目。おおむね30歳以上なら誰でも出場でき、史上最多となる参加者5万人の目標を掲げる。エントリーも始まっており、全国的な認知度を高める手段として、東京五輪・パラリンピックで活躍した選手の参加を期待していた。

 しかし、五輪・パラリンピックがちょうど1年延期されると、WMG関西の方が先に開かれることに。春に延期されると、大会期間が被る可能性もある。

 しかし、2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会から東京五輪・パラリンピック、21年WMG関西までの3年間を「ゴールデン・スポーツイヤーズ」と命名した早稲田大学スポーツ科学学術院の間野義之教授は「並びが変わっても、ゴールデン・スポーツイヤーズの効果はある。五輪・パラリンピックが21年夏になれば、WMGは直前の大会として盛り上がるはず」と解説する。

 21年9月に神戸市で予定されている世界パラ陸上には約100カ国・地域から約1300人が参加予定。組織委員会事務局となっている神戸市国際スポーツ室の担当者は「きっかり1年延期だと、パラリンピック終了から世界パラ陸上の開幕まで約10日しかない。大会主催者の国際パラリンピック委員会にどうなるのか確認している。世界パラ陸上への関心が生まれる状態になってくれれば…」と希望を話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ