ヤクルト・奥川、28日の9度目ブルペン入りへ「強度も上げていきたい」

 ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(18)=星稜高=が26日、埼玉・戸田球場で行われた2軍練習に参加。キャッチボールやフィジカルトレーニングなどで汗を流した。

 28日には、プロ入り後9度目となるブルペン投球を行う予定で、捕手が座った状態では5度目となる。あす27日には「しっかり前日にバランスを考えて投げられるようにしてから、次に入りたいと思ったので」と捕手が立った状態で傾斜を使った投球を予定している。

 「順調にちょっとずつ数も増えてきていますし、強度もちょっとずつ上げていきたいなと思います」と奥川。4月中旬以降の実戦デビューを目指し、歩みを進める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ