「幻の代表」にしない!五輪マラソンは男女代表6人そのまま、瀬古氏即決/陸上

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(63)が東京五輪の1年程度の延期決定から一夜明けた25日、東京都内で取材に応じ、男子日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=ら男女各3人の代表を再選考しない方針を示した。6月の理事会で正式に決まる見通し。新型コロナウイルスの影響で五輪史上初の延期が決まる中、1980年モスクワ五輪に出られなかった「幻の代表」として選手を思いやった。

 涙はのませない。史上初の延期が決まった五輪のスタートラインには、内定者6人を送り出す。「幻の代表」の瀬古氏は、マラソン代表を再選考しない方針を示した。

 「権利を守ってあげたい。3年かけて自分たちで勝ち取った。取り上げることはできない」

 6月に行われる日本陸連の理事会で正式に決まる見通し。女子代表の前田穂南(23)=天満屋=が「1年間強化する期間が増えた」と言えば、「五輪で競技できる機会をいただけることに感謝している」と男子代表の服部勇馬(26)=トヨタ自動車。強化責任者から反対の声は上がっていないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ