阪神・ボーア、爆発しない打棒に自身が爆発!?39打席長打なし…凡打後に絶叫

 練習試合(DeNA0-0阪神=九回引き分け、25日、横浜)“爆発”寸前! 阪神の新外国人、ジャスティン・ボーア内野手(31)が25日、0-0で引き分けたDeNAとの練習試合(横浜)で2打数無安打に終わりベンチで叫んだ。2月から39打席長打なし。矢野燿大監督(51)も「いつ(打球が)上がんねん」と苦笑いだ。新型コロナウイルス感染拡大防止のため開幕が延期されているプロ野球は、4月24日の開幕を目指すと決まったことで練習試合が当面休止される。この期間で2軍戦もフル活用し、調子を上げるしかない。

 高めに入った変化球を狙った結果は、またミスショットだ。バットよりもストレスが爆発寸前。ベンチに戻ったボーアは思わず、ほえた。

 「しばらく試合がないから少しペースが落ちるかもしれないけど、状態を維持して、けがには気を付けてコンディショニングをしていきたいね」

 “最終戦”を終えた助っ人は温厚な姿に戻った。ただ、四回先頭の遊飛で出番を終えると、初めて感情をむき出しにした。井上打撃コーチは「凡打の後に『ワアッ!』と言っていた。ストレスがたまっているんだろう」と舞台裏を明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ