羽生結弦、新浜立也が最優秀選手/スケート

 日本スケート連盟は25日、東京都内で理事会を開き、2019-20年シーズンの最優秀選手に相当するJOC杯受賞者としてフィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)とスピードスケート男子の新浜立也(高崎健康福祉大職)を承認した。

 羽生は四大陸選手権で初優勝し、男子初となるジュニアとシニアの主要国際大会全制覇「スーパースラム」を達成。新浜は日本男子では00-01年シーズンの清水宏保以来となる500メートルでのW杯種目別総合優勝を果たした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ