東京五輪、21年7・24前後開幕 安倍首相とIOCバッハ会長合意

 安倍晋三首相(65)が24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)と電話で会談し、新型コロナウイルス感染拡大を受けて7月24日開幕予定の東京五輪を1年程度延期することで一致した。政府関係者によると、丸1年後の開催で調整しているという。五輪の延期は史上初めてで、パラリンピックも延期となる。バッハ会長は同日のIOC臨時理事会で、延期が正式承認されたと明らかにした。

 4年に1度のスポーツの祭典が史上初めて周期をずらして開催される異常事態となった。安倍首相はIOCのバッハ会長との電話会談後、厳しい表情で取材に応じた。

 「おおむね1年程度延期することを軸として検討していただけないかという提案をした。バッハ会長から、100%同意するという答えをいただいた」

 五輪が戦争で中止になった例は複数あるが、延期は史上初めて。「東京2020」の大会名称は維持されることになった。政府関係者は延期幅について「丸1年延ばすことになるだろう」との見方を示し、札幌でのマラソン開催は動かさないと述べた。

 会談後、IOCは臨時理事会を開き、21年夏までに五輪を開催することを承認した。「聖火は日本にとどまる」とも発表。開催日程は大会組織委員会とIOC調整委員会が協議するとした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ