「打倒中国」プランに狂い 卓球ニッポンに新型コロナの影

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が7月24日開幕予定の東京五輪に影を落とす中、自国開催の祭典に向けた代表選手の強化にも影響が広がっている。日本代表がまだ決まっていない競技はもちろん、今年1月、早々に代表を選び終えた卓球も例外ではない。本番への強化の一環としていた国際大会の中止や延期が相次ぎ、念願の五輪での金メダル獲得に向けて描いた青写真に狂いが生じている。(岡野祐己)

遠ざかる実戦

 「びっくりしているが、出られる試合に出て、しっかり練習したい」「安全を一番に考えたら、正しい方法かなと思う」。2月25日、ワールドツアーのハンガリー・オープンを終えて羽田空港に帰国し、マスク姿で取材に応じた卓球の男女のエースは戸惑いを隠せなかった。

 ともに今季ツアー初優勝を果たした張本智和(16)=木下グループ=と伊藤美誠(19)=スターツ=を待っていたのは、3月22~29日に韓国・釜山で開催予定だった世界選手権団体戦を、国際卓球連盟(ITTF)が6月に延期したという知らせだった。世界選手権は、五輪を前に各国の強豪の力を測る前哨戦と位置づけられていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ