五輪代表の練習相手にA代表? 森保監督が“ウルトラ構想”ぶち上げ!

 東京五輪に出場するサッカーU-23(23歳以下)日本代表は、新型コロナウイルスの世界的な流行で国際強化試合が軒並み中止に。森保一監督(51)は代替案として、A代表を練習相手とする“ウルトラ構想”をぶち上げた。

 A代表も兼任する森保監督は17日、「6月から五輪代表に専念したい」と明言。今や予定通り7月に五輪が開幕するかも不透明となり、報道陣に「みなさん、五輪はいったいどうなるんですかね。何か情報はありますか」と逆取材する一幕もあったが、現場は粛々と準備を進めるしかない。

 ただ、コロナ禍で五輪代表は国内親善試合を含む3月の活動がすべて中止。現状では6月のフランス遠征も難しく、実戦を通してチームの完成度を高めようにも、対戦相手が見つからない。

 そこで「A代表と五輪代表による練習マッチを考えている」と兼任監督ならではの妙案が飛び出した。

 Jリーグ発足以降、A代表と年代別代表の対戦はなく、豪華メンバーによる夢の一戦となる可能性も。実現は国内のコロナ終息に懸かっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ