田嶋幸三会長がコロナ感染…先月末から英国、オランダ、米国に渡航 8日帰国後も会議出席

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)は17日、同協会を通じて新型コロナウイルス検査で陽性だったことを発表した。発症は14日で、17日午後に検査結果が出たという。同会長は国際サッカー連盟(FIFA)理事や日本オリンピック委員会(JOC)副会長など、国内外のスポーツ団体で要職を務めている。2月下旬から3月上旬にかけ、会議への出席や女子W杯の招致活動、親善試合視察のために英国やオランダ、米国へ渡航した。

 日本サッカー協会のトップで、日本オリンピック委員会(JOC)で副会長を務める田嶋氏が、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示した。東京五輪の開催可否に揺れる今、日本スポーツ界の要人の感染は大きな波紋を広げた。

 この日、日本協会が本拠を構える東京・文京区のJFAハウスではJリーグ理事会が開かれていたが、関係者が新型コロナに感染した疑いがあるとして記者会見を中止。報道陣には退去を指示した。その後、感染者は田嶋会長だと発表した。

 田嶋氏が午後7時過ぎに出した談話によれば、15日に微熱があり、16日に文京区の保健所で検査を受け、この日午後に「陽性」と診断された。発症日は14日で、保健所の見解では14日以前は濃厚接触にならない。重篤な症状ではなく、「多少熱があり、検査したところ肺炎の症状もあるそうですが、元気です。医師の指示に従い治療に専念する」と説明。16日のJOC常務理事会は欠席していた。

 最近は、2月28日から英国・ベルファストで国際サッカー評議会(IFAB)の年次総会、3月2日からオランダ・アムステルダムで欧州サッカー連盟(UEFA)総会などに出席。「現在ほどの緊張感はなく、皆さん、ハグ、握手なども行っている状況」だったが、帰国後、UEFA総会で近くにいたセルビア協会会長が新型コロナに感染したことを知った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ