長州力、ツイッターは勉強中…豪快ミスに「全てがケタ違い」「かわいいと思う日が来るとは」

 昨年引退した元プロレスラーの長州力が、にわかにツイッターで脚光を浴びている。68歳の「革命戦士」がSNSに挑戦しているだけでもプロレスファンにとっては嬉しいところだが、現役時代のファイトスタイル並みにパワフルなツイートは、より多くの人を沸かせたようだ。

 長州は12日、ツイッターに「少しづつですが親切な人達に教えてもらいながらTwitterの機能を勉強してます まずはハッシュドタグ 井長州力」と投稿した。言葉の先頭に「#(ナンバー記号、いげた)」をつけて話題をまとめる機能「ハッシュタグ」について述べたが、肝心な部分がどちらも間違っていた。しかし、豪快すぎるミスは話題を呼び「ハッシュドタグ」などがトレンド入り。同投稿はリツイートが約18万、いいねが約47万(13日午後6時時点)と爆発的にヒットした。

 ファンたちは「全てがケタ違い」「あの革命戦士を可愛いと思う日が来るとは」「ハッシュタグでこんな笑いとれるの長州さんしかいません」「ハッシュドタグ美味しそう」などと騒然。俳優の要潤も“祭り”に参加して「ハッシュタグ『#』を『井』に変換していた問題。うん。分かるよ。実は、僕も当初はそうやるもんだと思っていた」と告白した。また、長州のアカウントがフォローしている唯一(同)の相手が、なぜかドナルド・トランプ米大統領だということも注目されていた。13日には「おい、、ハッシュのこと嘘教えやがったな!?ばかたれがー!!」と怒りを爆発させ、話題を再燃させていた。

 話題が大きくなるなか、長州に「井ではなくシャープを使うんですよ」などと誤った情報を送る人もいたようだ。2つはよく似た記号だが、投稿する際に「#(ナンバー)」の代わりに「♯(シャープ)」を入力するとハッシュタグ機能を使うことはできない。ただし、ハッシュタグ機能を使った投稿を検索する際はナンバーとシャープの両方が使える。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ