紀平梨花、世界選手権中止は「正しい選択」 視線は来季へ/フィギュア

 フィギュアスケートの世界選手権にエントリーしていた女子の紀平梨花(関大KFSC)が13日、自身のツイッターを更新し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大会が中止となったことについて「残念ですが、被害を拡大させないためには正しい選択だと思いました」とコメントした。

 2月の四大陸選手権で2連覇を達成。世界選手権は、フィギュア大国のロシア勢と争うシーズン総決算の舞台だった。4回転ジャンプの完全習得を目指す17歳は「昨日、来季に向けての練習をスタートしました」と視線を前に向けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ