米大リーグ開幕2週間延期、OP戦は中止 マエケン「シーズンに向けてしっかりと調整していきます!」

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米大リーグ機構(MLB)は12日(日本時間13日)、26日(同27日)に開幕予定だったレギュラーシーズンを最低2週間延期することと、オープン戦の中止を発表した。米国では、米プロバスケットボール(NBA)が11日(同12日)、ユタ・ジャズの選手に陽性反応が出たとして12日(同13日)からのレギュラーシーズンの中断を発表したばかり。相次ぐ暗いニュースにネットからはため息が漏れている。

 SNSには「ついにか」「MLBまで開幕延期ですか。いやぁ…今年は娯楽がマジで無くなりそうで辛いなぁ」「この春の楽しみがどんどん消えてゆく」など、MLB開幕延期を悲しむ声がズラリ。一方で、これまでの流れから、心の準備は出来ていたというというネットユーザーも多く、「そりゃそうだわな」「残念だけどこればっかりは仕方ない」「やっぱり来た」「じっと終息を待とう。しょうがない」といった投稿も数多く確認できた。

 米国の決断の早さを評価する声も聞かれ、「MLBや、NBAがどんどん延期されていくのは残念だけど、この意思決定の早さは見ていて気持ちが良い」「センバツやら相撲やらもたもたしてなかなか決められなかった我が国とは決断力が違うなあ」などの書き込みもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ