錦織は控え…実戦復帰は4月以降の可能性も 無観客のデ杯、6日開幕/テニス

 6日に開幕する男子テニスの国別対抗戦デビス杯(デ杯)予選、日本-エクアドル(兵庫・三木市)の対戦カードが5日発表された。日本は右肘故障から復帰を目指す世界ランキング31位の錦織圭(30)=日清食品=が控えに回って、出場を見送る可能性が高まった。

 神戸市内で記者会見に臨んだ錦織は「まだめどは立っていない。(3月下旬の)マイアミ・オープンになるかもしれないし、クレーシーズンになるかもしれない」と明かした。4月以降のクレーシーズンで復帰する可能性が出てきた。

 錦織は記者会見が始まるまでマスクを着用するなど、体調管理に気を配った。昨年10月に右肘を手術後は慎重にリハビリに取り組んできた。この日の会見後の練習ではサーブの確認などを行ったが、右肘にテープを巻いてアイシングをする姿もみられた。

 11日開幕のBNPパリバ・オープン(米カリフォルニア州)を欠場する錦織は「体調がマックスではないので、自分の体をもう少し鍛えて、自信がついてから臨もうと思っている」。東京五輪も迫る中、万全を期して復帰時期を見定める。(邨田直人)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ