テレビ愛媛賞40 ゴルフ・河本、水泳・山口選手ら

 テレビ愛媛(松山市)が教育文化や福祉、自然環境、産業経済、スポーツの分野で功労のあった個人・団体に贈る「テレビ愛媛賞40」の受賞者が、株式会社今治・夢スポーツ(産業経済)▽プロゴルファー、河本結選手(スポーツ)▽水泳の山口尚秀選手(同)-に決まった。

 今治・夢スポーツは今治市でサッカークラブ「FC今治」を運営。平成26年に岡田武史氏がオーナーに就任し、昨年はJFL3位でJ3昇格を決め、愛媛県で2つ目のJリーグクラブとなった。

 サッカー以外でも、人が集う地域交流拠点となる複合型スタジアムの計画を進めている。「次世代のため、物の豊かさより心の豊かさを大切にする社会創りに貢献する」ことを企業理念とし、大学生対象のフィールドワークや子供対象の野外学校なども行っている。

 河本選手は松山市出身で、昨シーズンのLPGA(日本女子プロゴルフ協会)賞金ランキング6位と活躍した。5歳のときにゴルフを始め、松山聖陵高校から日大に進み、30年にプロになりステップアップツアーで4度優勝。翌年からレギュラーツアー参戦を決めた。渋野日向子選手らとともに「黄金世代」と呼ばれ、注目されている。今シーズンは東京五輪出場を目指し米女子ゴルフツアーに参戦する。

 山口選手は今治市出身。3歳のときに知的障害を伴う自閉症と診断された。水泳は4歳から始めたが、本格的な取り組みは高校2年から。187センチ、85キロの恵まれた体格で平泳ぎの記録を伸ばし、昨年9月にロンドンで開かれた世界パラ水泳の100メートル平泳ぎで世界新記録を樹立。東京パラリンピックの日本代表に内定した。12月には四国ガスに就職し、東京パラでの金メダル獲得を目指している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ