高野連、チケット販売開始も…ネットの声さまざま「センバツだけ特別なの?」 無観客なら「ただの練習試合みたい」

 新型コロナウイルスの感染拡大で、全国のスポーツイベントの中止が相次いでいる。日本政府が全国の小中高と特別支援学校に休校を要請したなか、注目が集まっているのが、3月19日に開幕予定の「第92回選抜高等学校野球大会」だ。

 大会主催者で、開催の道を模索する日本高校野球連盟は28日からチケットの販売を開始。仮に大会が実施されれば、会場となる甲子園球場には全国から多くの観客らが押し寄せる。また、休校中の高校生が部活動を行うことも議論の対象になりそうだ。高野連は3月4日の運営委員会で、今後の対応を話し合う予定という。

 選抜の歴史は長いが、大会は戦局が悪化した1942~46年をのぞいて毎年続いており、阪神淡路大震災(95年)や東日本大震災(2011年)の年も甲子園には球児の姿があった。「センバツはどうすんのやろ」。大会実施をめぐり、ネットでもさまざまな意見があがっている。

 高野連は今年も予定通り開催する方針で準備を進めてきた。しかし、27日に全国の高校も休校要請の対象となったことで事態は一変。政府の要請に先立ち、ボクシングや空手などで、年度末に予定されていた高校生の全国大会の中止が決まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ