巨人、キャンプMVPはモタさん!原監督「うちにいないタイプ」

 巨人春季キャンプ(25日、沖縄・那覇)巨人は25日、那覇2次キャンプを打ち上げ、原辰徳監督(61)が今キャンプの“MVP”に育成選手のイスラエル・モタ外野手(24)を選出した。

 「ゲームにおいても練習においても、非常にハッスルしていいものを残したのは、やっぱりモタでしょうね。モタさん」

 指揮官が「さん付け」で敬意を表した。モタは昨季入団した怪力ドミニカン。宮崎キャンプはファームスタートだったが、阿部2軍監督との猛特訓を経て紅白戦で結果を残し、1軍に昇格。オープン戦では4試合で打率・375、1本塁打、2打点をマークするなど頭角を現している。

 常にフルスイングし、喜怒哀楽を隠さない姿は原監督に「うちにはいないタイプ」と言わしめる。陽気で周囲に溶け込むのも早いが、日本のアニメで日本語を学ぶなど努力家の一面もある。

 支配下登録への筆頭候補。幅を広げるため、外野だけでなく一塁の守備も特訓中だ。「全力で絶対に勝ちたいという思いでずっとやってきた。マダマダ、ガンバリマス」と日本語も交えて決意表明。背番号「014」がキャンプ最大の“発見”となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ