西武・松坂、195日ぶり実戦登板もいきなり被弾 1回3安打2失点…最速141キロ

 春季キャンプ練習試合(西武7-8韓国・斗山、25日、サンマリン)14年ぶりに西武へ復帰した松坂大輔投手(39)が25日、韓国・斗山との練習試合(サンマリンスタジアム宮崎)で今季初の実戦登板に臨み、2ランを浴びて1回3安打2失点だった。195日ぶりの実戦マウンドはピリッとしなかったが、まだ試運転。登板を重ね、開幕ローテーション入りを勝ち取る。

 晴天に恵まれたサンマリンスタジアム宮崎。松坂は今季初の実戦登板で1回3安打2失点。悔しさが表情ににじみ出た。

 「いいイメージを持って投げていたけど、その通りにはいかなかった」

 2019年8月14日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦以来195日ぶりの実戦マウンド。先頭打者を生命線となる内角のカットボールで詰まらせ、二ゴロに打ち取った。

 しかし、2番・鄭秀彬に右越えの三塁打を浴びると、昨季の韓国シリーズMVPの3番・呉在一には甘く入った初球の直球を右翼席へ運ばれた。

 「悪いボールがそのまま結果になった。打たれるはずがないと思ったボールではなかった」

 22球を投げて最速は141キロ。四球こそなかったが、全体的に高めに浮く球が目立った。3安打の全てを左打者に打たれ、とりわけ本塁打は「得点圏にランナーを置いての初球。あの投げミスはしてはいけない」。日米通算170勝を挙げているベテランも、一球の怖さを改めて痛感させられた。

 中日に在籍した昨季は右肩の炎症などで2試合の登板にとどまった。当時を考えれば、調整は順調。14年ぶりに西武で迎える開幕に向けて「あと何試合に投げられるか分からないけど、次は3回か4回でも投げられれば」。西口投手コーチは登板日について「(今後の)調整の状態を見て決めていく」と説明した。

 「試合で出た課題は実戦でしか修正できない。次回の登板時には、今日の悪かった部分を減らせるようにやっていく」と松坂。登板間の調整で修正を図り、開幕ローテーション入りを狙う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ