春場所土俵祭りに力士出席せず 日本相撲協会

 日本相撲協会は26日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、大相撲春場所初日の前日、3月7日に会場となる大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で実施する土俵祭りに力士が出席せず、一般来場者なしで行うと発表した。相撲協会広報部によると八角理事長(元横綱北勝海)や儀式をつかさどる行司は出席予定。

 通常、土俵祭りは一般公開され、三役以上の力士らが15日間の安全を祈願する。感染拡大の影響により異例の形となった。同協会は3月1日に大阪市内で臨時理事会を開き、春場所について通常開催、無観客、中止の3つを選択肢として最終決定する。

 2月29日に予定されていた大阪市の住吉大社での横綱奉納土俵入り、3月3日の前夜祭は中止になった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ