ラグビーTL16試合を開催延期 非常事態が続けば太田チェアマン「中止せざるを得ない」

 日本ラグビー協会は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、トップリーグ(TL)の計16試合を延期すると発表した。都内で会見したトップリーグの太田治チェアマンは「観客、選手、運営スタッフの安全が第一。不安を取り除くためにも延期は致し方ない」と理解を求めた。

 延期が決まったのは29日と3月1日に組まれていた第7節の8試合と7、8日に予定されていた第8節の8試合。第7節は3月21、22日、第8節は5月2、3日に代替開催することにしている。会場の一部は変更される見込みで、詳細は近日中に発表する。延期試合のチケットは払い戻しとなり、代替開催試合のチケットは再販売する。

 また、3月14、15日に予定されている第9節の8試合の開催については9日をめどに決める。TLの予備日はこれ以上なく、TL終了後には日本選手権が予定されている。第9節以降の試合を開催できない場合について太田チェアマンは、「日本選手権を優先させるため中止せざるを得ない」との見解を示した。

 1月に開幕したTLは昨年のワールドカップ(W杯)日本大会の盛り上がりを受け、観客動員は好調に推移してきた。注目度が高い中でのアクシデントに、太田チェアマンは「厳しい決断だが、何とか感染拡大に対応する方策を取らなければいけない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ