休養中の錦織、デ杯代表入り 3月、出場なら半年ぶり実戦

 日本テニス協会は25日、兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで3月6、7日に行われるエクアドルとの男子国別対抗戦デビス杯(デ杯)予選に臨む代表選手を発表し、右肘故障で昨年9月から休養している錦織圭(日清食品)がメンバー入りした。錦織のデ杯代表は2016年9月のウクライナ戦以来で、試合に出場すれば半年ぶりの実戦復帰となる。

 西岡良仁(ミキハウス)内山靖崇(北日本物産)添田豪(GODAI)マクラクラン勉も名を連ねた。

 予選に勝ったチームが11月にマドリードで行われる本戦に進む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ