紀平は4回転回避の意向 フィギュアのチャレンジ杯

 フィギュアスケートのチャレンジ・カップで女子の紀平梨花(関大KFSC)は21日の公式練習後に取材に応じ、今大会での4回転サルコー挑戦について「やらないかもしれないなという方が大きい」と回避する意向を示した。

 2連覇を果たした今月上旬の四大陸選手権後はスイスで調整。この日の公式練習ではトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の精度は高かった一方、4回転サルコーの成功はなく、「ノーミスの演技でいい感覚が残るような試合にしたい」。世界選手権(3月18~21日・モントリオール)を見据え、完成度を重視する考えだ。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ