甦るノムさん…ニッポン放送で22日追悼番組、午後3時から生放送90分

 11日に急逝したサンケイスポーツ専属野球評論家、野村克也さん(享年84)を追悼する「ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 追悼 野村克也~あのボヤキをもう一度…~」が22日午後3時から生放送されることが14日、分かった。故人がヤクルトの監督時代に出演した同局プロ野球中継の名物企画「きょうのノムダス」の貴重音源をオンエア。南海(現ソフトバンク)時代にバッテリーを組んだサンケイスポーツ専属評論家、江本孟紀氏(72)も思い出を語る。

 ラジオで流れていた試合前のノムさんの“ボヤキ”が、よみがえる。

 ニッポン放送は野村さんの訃報を受け、22日午後3時から1時間半にわたって追悼特番を生放送。生前の野村さんの秘蔵エピソードや、残した珠玉の言葉とともに、その足跡を振り返る。

 番組は、ヤクルト監督時代に野村さんが出演した同局プロ野球中継「ショウアップナイター」の名物コーナー「きょうのノムダス」の貴重音源を中心に構成される。

 同コーナーでは当時、ヤクルト主催ゲームの際、同局のスポーツアナウンサーがヤクルトの本拠地・神宮球場のクラブハウスで本人にインタビューした模様を試合前にオンエアし、知将の“ボヤキ”がリスナーから大人気に。1995年に「ノムダス 勝者の資格」、97年に「弱者が勝者になるために ノムダス2」として書籍化もされた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ