本田圭佑、ブラジル移籍の陰に“2人の大物”とグッズ収入!? 「ホンダがボタフォゴを救ってくれる!」現地サポーターは熱狂

 サッカー王国ブラジルで本田フィーバーが起きている。ボタフォゴに完全移籍したサッカー元日本代表MF本田圭佑(33)が本拠地、ニウトン・サントス・スタジアムで行った入団セレモニー(8日=日本時間9日)でも大歓迎を受けた。背番号は日本代表で慣れ親しんだ「4番」で、契約期間は12月31日まで。現役最後の地ともいえる場所にサッカー王国を選んだまさかの決断の背景には、ブラジルサッカー界でも重鎮の2人、J1柏・ネルシーニョ監督(69)とJ1鹿島テクニカルディレクター(TD)のジーコ氏(66)の強力な後押しがあった。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 オーバーエージ枠(24歳以上)による東京五輪に出場を念頭に置いた最後のチャレンジ。入団会見で本田も「このプロジェクト(移籍)の先にオリンピックがある」と言い切った。

 新天地はフラメンゴ、フルミネンセ、バスコ・ダ・ガマと並ぶリオ4大クラブのひとつ。ブラジルで最も熱狂的で目の肥えたファンがいる。しかし昨年は1部リーグ20クラブ中15位と長期低迷中。降ってわいた日本屈指のビッグネームの加入に、現地サポーターは「ホンダがボタフォゴを救ってくれる!」と早くも救世主扱いだ。

 クラブはサポーターにスタジアムへ「集合せよ!」とSNSなどで配信。入団セレモニーには1万人以上が集まった。また本田の到着便もあえて告知し、空港には3000人近くのファンが殺到し大騒ぎになった。

 現地の熱狂をよそに、前所属のオランダ1部フィセッテをわずか48日間で去った本田の、選手としての価値に悲観的な声が多い。ボタフォゴとの入団交渉も条件面をめぐって一時は破談寸前となったが、日本とブラジルのサッカーを熟知する2人の大物が現地メディアを通じて太鼓判。ボタフォゴのフロントを大きく後押しした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ