新型肺炎で渋野が出場予定の米ツアー2試合が中止 ランキングや調整などに影響

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大のため、ゴルフの米女子ツアー、ホンダLPGA(20日開幕、タイ)とHSBC女子世界選手権(27日開幕、シンガポール)の中止が10日、決まった。米女子プロゴルフ協会から発表された。「私たちの選手、ファン、大会に携わるすべての人の健康と安全が常に最優先される」などとする声明を出した。

 両大会には渋野日向子(ひなこ)、畑岡奈紗らがエントリーしており、タイ国内で合宿を行ってきた渋野にとってはホンダLPGAが今年の初戦になるはずだった。2試合が中止になったことで、3月5日に開幕する国内ツアー、ダイキン・オーキッド・レディース(沖縄・琉球)が初戦になる見通しだ。

 来季から米ツアーに本格参戦する意向がある渋野。実戦感覚を養うことができず、調整スケジュールに狂いが生じる可能性がある。東京五輪の出場を確実にするためにも、世界ランキングを上げたかったが、それもできなくなった。

 渋野は所属会社を通じ、「楽しみにしていた大会が中止になりとても残念です。新型コロナウイルスの影響の拡大が一刻もはやく終息する事を祈っております」とのコメントを発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ