池江選手「衰え感じた…前に突き進む」 病気発覚1年、インスタ更新

 白血病と闘っている競泳女子の池江璃花子選手(19)=ルネサンス=が8日、自身の写真共有アプリ「インスタグラム」を更新し、病気発覚から1年が経過した現状について「自分の筋力の衰えをものすごく感じました」とつづり、今後のトレーニングで「どう体が変わっていくか楽しみ」と続けた。

 池江選手は昨年2月12日に病気を公表したが「実は1年前の今日、2月8日に病気が発覚しました」と明かした。「あれからちょうど1年、色々あったなぁと振り返りながらも、全てに意味があると思って、次は前に向かって突き進んでいきます!」と意欲を示した。

 池江選手は昨年12月17日に退院。東京五輪は断念し、2024年パリ五輪で表彰台を目指す考えを明らかにしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ