紀平、女子SPで首位発進!解禁3回転ルッツ成功/フィギュア

 フィギアスケート・四大陸選手権第1日(6日、ソウル)女子SPで2連覇を目指す紀平梨花(17)=関大KFSC=が、81・18点で首位発進した。

 右拳を突き上げて、会心の笑みを浮かべた。前回はSP5位から大逆転した大会で81・18点の首位発進。男女を通じて史上初の2連覇へ、ノーミスの演技で勢いづけた。

 「すべてのジャンプを成功したのはうれしいけれど、まだ100%ではない。フリーに向けて修正していきたい」

 衣装を赤色から、SPで81・35点を記録した昨年10月のスケートカナダまで愛用していた青色に戻して臨んだ。左足首痛で封印していた3回転ルッツを解禁。今季初めて成功させ「久しぶりと考えず、ジャンプのイメージだけして跳ぶことができた」。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も危なげなく決めるなど、安定感が光った。

 新型コロナウイルスの対策で、客席から声援を送るファンの全員がマスクを着用。異例の厳戒態勢が敷かれたソウルでも「ノーミスが絶対」と演技に集中した。8日に行われるフリーでの4回転サルコー導入は「やるつもりでイメージしながら練習する」。4回転を巧みに操る強豪ロシア勢が不在の大会で、日本女子のエースが完璧の演技で強さを見せる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ