東京五輪もOK? ナイキの新作厚底シューズにネットの声さまざま 「ほしい」「重そう」「ラスボス感すごい」

 米スポーツ用品大手のナイキ社が5日(日本時間6日)、マラソンや駅伝などの競技で好記録を連発させている厚底シューズの新モデル「エアズームアルファフライネクスト%」を29日から発売すると発表した。英紙ガーディアン(電子版)によると、厚底には、反発力を生む炭素プレートが1枚含まれており、その厚さは3・95センチで、世界陸連(WA)が1月31日に設けた「靴底は40ミリ以下」「プレートは1枚」などの規制にかなう。グリーンを基調にしたビジュアルも公開されるなか、このニュースにネットユーザーからさまざまな意見が寄せられている。

 昨年10月に行われた特別レースで、男子マラソンの世界記録保持者であるエリウド・キプチョゲ選手(ケニア)がこの試作品(プレートは3枚)を着用。非公式記録ではあるが、史上初めて2時間を切るタイムをたたき出した。現在発売されている「ヴェイパーフライ」はピンクを基調としたカラーリングだったが、新モデルはグリーンを採用。WAが設けた新しい規則にも適合しており、東京五輪で選手が使用できる可能性は高い。

 ネットの評判は上々だ。SNSには「これまた売れそうな感じ」「色も最高ですね。いくら出しても買います」「アルファフライ、カッコいいな!欲しい」といったコメントが多数。規制変更を受けてのナイキの素早い対応に「マジで規定に沿った量産型アルファフライ出してきやがったwww」と驚くユーザーもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ