西武・辻監督、松坂は心配なし「十分戦力になる」

 西武は15日、埼玉・川越市の川越プリンスホテルで辻発彦監督(61)やコーチ陣らが出席した春季キャンプに向けた全体会議を開催。昨年打点王に輝いた中村剛也内野手(36)が右ふくらはぎの張りのためB班(高知・春野)スタートが決まった。中村について辻発彦監督(61)は「軽度と聞いている。中村がいないとチームにとっては痛いので、慎重にやって開幕に間に合わせてくれれば」と話した。

 14年ぶりに復帰した松坂大輔投手(39)はA班(宮崎・南郷)スタートに決定。辻監督は「体でどこも心配するところはない。十分戦力になると思って選んだ。彼の今年にかける姿勢が若い選手の参考になれば」と期待した。

 また新人では、ドラフト1位・宮川(東芝)、同2位・浜屋(三菱日立パワーシステムズ)、同5位・柘植(ホンダ鈴鹿)がA班入りした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ