白鵬が休場 「腰部挫傷」と「蜂窩織炎」で発熱/初場所

 大相撲の横綱白鵬(34)が初場所4日目の15日から休場することが決まった。「腰部挫傷」と「右踵部裂傷蜂窩織炎(ほうかしきえん)」の診断を受け、約2週間の加療を要する見込み。2場所連続44度目の優勝を目指したが、2日目に遠藤、3日目に妙義龍に敗れ、2日連続で金星を配給していた。白鵬の休場は昨年秋場所以来、14回目。4日目に対戦が組まれてた北勝富士は不戦勝となる。

 この日の朝、都内の部屋で師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)が取材に対応し「場所前の稽古でかかとが割れて菌が入った。熱を出して病院で治療している」と説明。初日から右足に足袋を履いていたが、14日の夜に発熱した。さらに2日目の遠藤戦で腰をひねった際に痛め「腰の炎症もある」と明かした。

 再出場については「たぶんないと思う。横綱は出る限り優勝」と否定的。「最初の場所だし優勝したい気持ちも強かったと思う。年を取ってきているし、いろんなところにけがが出る。少しずつ治していくしかない」と創痍の弟子を思いやった。白鵬は「十分頑張ってきたから残念だ」と師匠に話したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ