憧れの大先輩と初共演!しぶこに藍さんの金言 サントリーと所属契約発表/国内女子

 女子ゴルフの渋野日向子(21)が14日、飲料メーカー大手のサントリー(本社・大阪市)と所属契約を結ぶことを発表した。東京都内で開かれた記者発表には、同社と所属契約する宮里藍さん(34)も出席。憧れの先輩を前に、渋野はトレードマークの笑顔で東京五輪イヤーのさらなる飛躍を誓った。契約は2月1日から。関係者の話を総合すると、3年3億円超の大型契約となる。

 サントリーのしぶこがお披露目された。120人を超える報道陣が集まった記者発表には、宮里藍さんも出席。2017年の現役引退後も同社と所属契約を結ぶ偉大な先輩からサプライズで花束を渡された渋野は少し頬を赤らめ、そして力強く“所信表明”した。

 「サントリー所属の渋野日向子です。サントリーさんはジュニアゴルファーの育成にも力を入れていて、とても共感しています。私もたくさんの方々に勇気や希望、そして笑顔を届けられるように努力していきます」

 SNSではつながっているという2人だが、「こうやって話をするのは初めて」(宮里さん)とこの日が初のツーショット公開。2人のトークショーも行われ、1998年度生まれの黄金世代の渋野は「私たちの世代は宮里藍さんに憧れてゴルフを始めた選手が本当に多い」と、“藍チルドレン”として感激の表情を浮かべた。

 来年からの米ツアー本格挑戦を目標に掲げる渋野は「やっぱり英語が心配。どういう勉強をしたらいいですか」と、米ツアー9勝の大先輩に質問。これに元世界ランキング1位は「私も渡米してから覚えた。食事と一緒で、慣れるから大丈夫。笑顔と強気のプレーがあればだいたいのことは乗り越えられる」と助言。渋野は「自信を持って行けそうです」と笑顔でうなずいた。

 今年最大の目標は、「まず代表に選ばれるように」と改めて誓った東京五輪出場と金メダル取り。今月下旬から始まるタイ合宿を経て、今季初戦となる2月20日開幕の米ツアー「ホンダLPGAタイランド」からサントリーの看板を背負って戦う。3年3億円超(推定)の大型契約。宮里さんからバトンを受け継いだ渋野の勝負の1年が、いよいよ始まる。 (臼杵孝志)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ