DeNA・山崎、東京五輪「金」へROLANDとの絆!成人式講演で語った「仲間」

 DeNA・山崎康晃投手(27)が13日、亜大時代に寮生活を過ごした東京・日の出町の成人式でトークショーを行った。東京・帝京高時代に3年間クラスメートだった「ホスト界の帝王」こと実業家、ROLAND(ローランド、27)との秘話を明かし、新成人に仲間の大切さを熱弁。今夏の東京五輪で日本代表「侍ジャパン」の守護神候補筆頭に挙がる右腕は、仲間の期待を背に悲願の金メダルを目指す。

 プロへの大志を抱いた思い出の場所で、山崎が新成人に“金言”を授けた。

 「仲間を大事にしてほしいと思います。なかなか会えなくても、いつか仲間たちが助けてくれる」

 心の底からの言葉だった。帝京高時代、先輩との関係性に悩んだ右腕は「(野球部を)辞めたい…」と友人に告げた。しかし「お前は辞めるな。絶対にプロになるから」と励まされ、翻意したという。

 友人の名は、今をときめくROLANDだ。当時サッカー部だったROLANDとはスポーツクラスで3年間クラスメート。昨年末に食事をした際には「あのとき(野球部を)辞めていたら今のお前はいない。日本の守護神を守ったってことは、俺が一番の守護神」と言われたことを明かし「2人でいるのに“ROLAND語録”でした」と笑わせた。

 「『プロ野球選手になるぞ』と、もう一度目の色を変えてやろうと思っていましたね」と青春時代を振り返った右腕。仲間の後押しを受け、目指すのは今夏の東京五輪での金メダルだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ