聖火リレー、2月に都内でリハーサル 詳細ルート公表

 7月から始まる東京五輪・パラリンピックの組織委員会と東京都は10日、五輪の聖火リレー開始に先立つ2月15日に都内でリハーサルを実施すると明らかにし、詳細なルートを公表した。トーチには点火しないが、隊列の動きなどを確認するのが狙いという。

 リハーサルは10人程度のランナーがトーチの火がついている想定で受け渡し、羽村市と国分寺市、八王子市の計約2キロで実施。スタートを練習するほか、清流沿いの遊歩道で車両隊列を伴わない走行も試し、八王子では当日のゴール地点で本番用イベントの非公開でのテストも予定している。

 組織委の広報担当者は「いろいろな事象を想定してリハーサルを実施し、本番に向けた準備を進めたい」としている。

 五輪の聖火リレーは3月26日に福島県を出発し、121日間で47都道府県を巡る。ランナーは約1万人。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ