桐蔭か御所実か? 高校ラグビー決勝、ネットで戦前予想白熱「拮抗した展開になれば…」

 第99回全国高校ラグビーの決勝が7日、東大阪市花園ラグビー場で行われる。今年は前回の準優勝校で初の単独Vを目指す桐蔭学園(神奈川)と、悲願の初優勝を狙う御所実(奈良)が激突する。ワールドカップ(W杯)の開催と史上初のベスト8入りで空前のラグビーブームとなった昨年の日本。高校ラグビーの頂点を決める大一番はネットでも話題になっている。

 今大会の桐蔭学園は2回戦から登場。その初戦で長崎北陽台(長崎)を破ると、その後は浦和(埼玉)、大阪桐蔭(大阪第1)という強豪校を撃破。準決勝ではBシードの東福岡(福岡)を34-7で下し、2大会連続7度目の決勝進出を決めた。

 御所実も2回戦から姿を見せた。朝明(三重)、光泉(滋賀)に圧勝すると、準々決勝では、優勝候補の一角だった東海大大阪仰星(大阪第3)に「完封」勝ち。続く準決勝ではBシードの常翔学園(大阪第2)に26-7で快勝し、5大会ぶり4度目の決勝戦へと駒を進めた。

 まさに実力校同士のぶつかり合い。注目の決戦を前に、ネットのラグビーファンからも「楽しみが過ぎるな」「今年の花園は御所実と桐蔭か…アツイな…」「御所vs桐蔭面白そう」「関西の御所に勝って欲しい気もするけど、桐蔭は好きなんだよなぁ~」など、対決を楽しみにする声が数多く上がっている。

 戦前の予想合戦も白熱しているが、「桐蔭が断然優位だと思うが、御所実がディフェンスで粘って桐蔭を焦らせ、拮抗した展開になれば面白いだろう」という書き込みがあるように、ネットでは「桐蔭有利」という意見がやや多い。一方、御所実を推すものとしては、そのディフェンス力について触れる投稿が多く、ツイッターには、「御所実ここまで4戦で10失点は強すぎひんか」「ここまで1トライ含むたった10失点。果たして桐蔭のバックス陣で御所のディフェンスをこじ開けれるかなぁ」などの声。「桐蔭はチームとしてまとまってる感。御所実業が勝つにはロースコアの我慢の展開だろうなあ」と考えるファンもいた。

 ちなみに昨春行われた「第20回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会」の決勝も桐蔭学園対御所実という組み合わせとなり、ここでは桐蔭学園が29-19で勝利している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ