三木谷オーナー「イニエスタ・スタジアム構想」の野望!? 神戸の親会社・楽天「携帯事業参入」の絶好アピールにも

 クラブ史上初のビッグタイトルまであと1勝。サッカーJ1神戸が来年1月1日、鹿島との天皇杯決勝で新国立競技場に登場する。年俸33億円の超大物助っ人、MFイニエスタ(34)の獲得がついに実を結ぼうとしている中で、新たな本拠地となるスタジアムの建設計画が浮上。来年12月に契約が切れる、イニエスタを引き留める工作も兼ねた、三木谷浩史オーナー(54)の壮大な夢プランだ。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 神戸は現在、神戸市のノエビアスタジアム(御崎公園球技場)をホームとして使用しているが、「三木谷さんが新しいスタジアムを建てる計画が動き出す」と複数の日本協会幹部が証言する。

 来たる2020年は神戸の親会社・楽天にとっても勝負の年だ。ドコモ、ソフトバンク、KDDIに次ぐ「第4の携帯電話事業者」として本格的に始動する。楽天グループを挙げた大事業は、それこそ“絶対に負けられない戦い”となる。

 楽天グループの総帥、三木谷氏が強烈に意識しているのは、プロ野球・ソフトバンクの孫正義オーナー(62)の手法だ。12年3月に当時のヤフードームを870億円で買収し、球団が球場の営業権を握って自由自在に経営を展開。来年からは「福岡PayPayドーム」に改称することが決まっている。

 プロ野球・楽天の仙台市内の本拠球場も、近年は楽天グループが命名権を取得。昨年から愛称は「楽天生命パーク」に変更された。運営管理は球団が担っており、今年からは球場内の完全キャッシュレス化を導入して話題を呼んだが、あくまで所有者は宮城県だ。

 ノエビアスタジアムも同じ構造で、管理運営はクラブだが所有者は神戸市。三木谷氏はこれまで何度も不満を発信しており、15年には「12年間、言い続けてきました。(スタジアムの)芝生がよくならない」と移転を示唆。東京五輪のメインスタジアムである新国立競技場を、「チームの移転先にする」という話まで浮上していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ