ヤクルト史上最高額年俸「推定5億円」でも…山田哲人、国内FAは確実 

 来るべき時は確実に近づいている。ヤクルトの山田哲人内野手(27)は24日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、7000万円増の球団史上最高額となる年俸5億円でサインした。交渉の席では来季中にも取得予定の国内FA権を見越して複数年契約を打診されたが固辞。チームの顔となった27歳の決断をめぐって、球団は動乱の1年を迎える。

 「金額は想像にお任せします。FA権はプロ野球選手にとって大きなこと。来季、権利を取れれば自分の選択は広がる。行使するとかしないはまだ決めていない」

 表情を崩すことなく、淡々と語った山田哲。打率こそ・271と伸び悩んだが、35本塁打、98打点、33盗塁で、2002年のペタジーニ(4億5000万円)を抜いて球団初の5億円に到達。交渉の焦点は順調なら来季中に取得予定のFA権に関しての話題だった。

 「FAを取るまでは単年(契約)で行くと決めていた。いま、自分が考えていることは全部伝えさせてもらった。将来的なことも、全部」。詳細こそ明かさなかったが、FA権取得時の考えを球団側に伝えたという。

 このオフは筒香、山口ら侍ジャパンでともに戦った戦友がメジャーに戦いの場を移し、秋山や菊池涼も米球界移籍を目指している。

 「ご想像にお任せします」とメジャーに関しては多くは語らなかったが、来オフの移籍を目指すなら、球団にポスティングシステムを認めてもらう必要がある。

 球団幹部は「ポスティングの話は出なかった」とした上で「FAに関しては相当なこだわりがあるようだ。『移籍するかは別にして、自分がいま球界全体でどの位置にいるのか、12球団の評価を聞いてみたい』ということだった。メジャーの話はその先じゃないかな」と重大証言。球団側は来オフの権利行使は確実とみている。

 山田哲は「チームが優勝するのが一番。個人としてはトリプルスリーは達成したい。打率、本塁打、盗塁、全ての数字で今まで以上のものを出したい」とキャリアハイを目標とした。

 「そうなったらいよいよウチでは払いきれなくなるな」と苦笑いしたのは前出幹部。待ったなしの1年が始まる。(片岡将)=金額は推定

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ