羽生、平昌をエキシビションで再現 世界フィギュア代表者ら観客魅了

 フィギュアスケートの全日本選手権上位選手や来年3月の世界選手権(モントリオール)代表選手らによるエキシビション「ニチレイプレゼンツ オールジャパン メダリスト・オン・アイス2019」(産経新聞社など主催)が23日、東京・国立代々木競技場で行われ、全日本初優勝の紀平梨花(関大KFSC)や4連覇の宇野昌磨(トヨタ自動車)らが出演した。

 全日本で男子シングルが最後となった高橋大輔(関大KFSC)は特別枠で登場。ショートプログラム(SP)「ザ・フェニックス」のアップテンポな曲に乗り、力強いステップを披露した。

 2位の羽生結弦(ANA)は2018年平昌冬季五輪のフリーの「SEIMEI」で、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などを跳び、会場を沸かせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ