羽生結弦と高橋大輔、ファン同士の電撃和解なるか?

 これまで日本フィギュア界を引っ張ってきた2人が、別々の道を歩むことになる。羽生結弦(25才)、高橋大輔(33才)両選手だ。

 「全日本選手権(2019年12月19日開幕)を最後に、高橋選手はアイスダンスに転向するからです。2人が同じ舞台で戦う最後の試合のため、チケットの争奪戦も激しくなりました。惜しむ声もありますが、フィギュア界の一部からは安堵の声も聞こえます。彼らのファンは折り合いが悪かったので…」(スポーツライター)

 羽生選手がシニアデビューをした2010年。高橋選手は日本の“絶対的”エースだった。羽生選手は「世界一」といわれた、やわらかく表現力豊かな高橋選手のステップを目標にしていたほどだが、2014年のソチ五輪で羽生選手が金メダルを獲得し、高橋選手が6位入賞に終わると状況は一変した。

 「もともと熱狂的な“信者”が多いことで知られる両選手ですが、この頃からファンが、どっちが優れているかという“マウントポジション”の取り合いを始めたんです。インターネットの掲示板では《ゆづはもう高橋と次元が違う》と羽生ファンが書けば、《大ちゃんの表現力に羽生はまだ足元にも及ばない》と高橋ファンがやり返すなどバトルが激化していきました」(前出・スポーツライター)

 ソチ五輪が開催された年である2014年の10月、高橋選手が引退を表明したことで冷却期間に入ったが、2018年7月に現役復帰すると、“場外乱闘”も再開したのである。

 しかし、高橋選手が2度目の引退、アイスダンスへの転向を表明したことで、両者の関係が大きく変わり始めたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ