羽生、2年ぶり4回転ルッツ成功も2位 チェンが世界最高得点で3連覇/フィギュア

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル最終日(7日、トリノ)男子はショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(25)=ANA=が合計291・43点で2位。男女を通じて史上初の5度目の優勝はならなかった。SP首位のネーサン・チェン(20)=米国=がフリーで自身の世界最高を更新する224・92点をマーク。合計で世界最高335・30点で3連覇を飾った。

 12・95点差が重くのしかかった。5日のSPで羽生は冒頭の4回転サルコー、次のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は出来栄えで加点を得たが、得意な4回転-3回転の2連続トーループで4回転を降りた際に腰が深く沈んで着氷が乱れ、3回転につなげられない痛恨のミス。4回転ルッツなど三つ全てのジャンプを軽やかに決め、緩急をつけた滑りでシャンソンの曲を巧みに表現したチェンに、大差をつけられた。

 5度目の優勝にはフリーで完璧な演技をした上で、数種類の4回転ジャンプを駆使するチェンのミスも必要だった。25歳の誕生日に滑るフリーは、冒頭の4回転ループ、約2年ぶりに4回転ルッツに挑戦し成功。その後も4回転サルコー、4回転トーループ-つなぎの1回転-3回転フリップ、4回転トーループ-2回転トーループと4種類5度の4回転ジャンプを敢行。最後の3回転半は回転が抜けたが、2年前の世界選手権ではSPで首位と10・66点差の5位から大逆転した底力を持つ五輪王者の闘志は消えていなかった。

 13~16年に4連覇したファイナルの王座奪回はならなかった。昨年2月の平昌五輪で5位に終わった後は連勝街道をひた走るチェンは、充実一途の名門エール大生。直接対決はこれで4勝4敗の五分となった。永遠のライバルとの名勝負はまだまだ続く。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ