羽生結弦、4回転ルッツ決めた!歴代世界最高得点へ封印解く/フィギュア

 3季ぶりに出場するGPファイナルは、06年トリノ五輪と同じパラベラ競技場で行われる。敬愛するプルシェンコが金メダルに輝いた地で、荒川静香が女王となった舞台でもある。「会場自体に大きなエネルギーがある。わくわくが止まらなかった。憧れの中で滑っている感覚でいた」。

 会場の通路にある五輪のロゴを写真に収める一幕も。スケートにのめりこんだ幼少期から憧れてきた地で、男女を通じて史上初となる5度目の優勝を狙う。GP第2戦のスケートカナダでは、今季世界最高の合計322・59点をマーク。チェンが昨季出した歴代世界最高に0・83点差に迫った。得点の更新にも期待が懸かる。

 フリーが行われる7日は25歳のバースデー。「心の底から『やった』と思える誕生日になれば、おのずと結果もついくるのかな」。外壁に五輪マークが刻まれた聖なる競技場で、滑る喜びを表現する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ