ロッテ・唐川、600万円増6200万円で更改「悔しい1年」

 ロッテの唐川侑己投手(30)が3日、ZOZOマリンスタジアムにて交渉し、600万円増の年俸6200万円で契約を更改した。

 「初めて中継ぎとして40試合に投げて、最初にいいところで投げるチャンスをもらっていながら、最後までできなかったので、悔しい1年になった」

 プロ12年目の今季は、中継ぎとして自己最多の40試合に登板。主に勝ちパターンとして、ブルペンを支えたが、防御率は5・26に終わった。

 「毎年そうですが、体を整えて、しっかりつくり直して、ボールの質を上げていきたい」

 地元・千葉からロッテ一筋で来季は13年目。「僕より若い子も増えた。上の先輩方を見てきて、受け継いでいるものはあるので、それを絶やさないように、つないでいけるようにしたい」と意気込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ